白倉由美著「きみを守るためにぼくは夢をみる」読破

児童文学というが、奥はとても深い。
僕らにとっての酸っぱい林檎は何なのだろう?