読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルーティングもとい精神と時の部屋

研究室の実験課題でルーター4つつないだネットワーク作らないといけないのだが、正直出来る気がしない。
いや厳密には "期限内に"出来る気がしない。
 
でも泣き言言っても一日が72時間になるわけでも精神と時の部屋が突然研究室の隣に出現するわけでもないので目の前で出来ることをやってみる。
 
てかどうでもいいけど精神と時の部屋って常人が試験勉強だの何だののためにスタバ感覚で気軽に利用できるほど生やさしい環境じゃない気がする。地球と同じぐらいの広さがあるとかはどうでもいいとして、気温は50度からマイナス30度まで変化するし、空気は地上の四分の一(ちなみに富士山頂が三分の二)、重力は地球の10倍。それぞれどのぐらい凄いのか考えてみると・・・

50度からマイナス30度

サウナが70-90度 岩盤浴が40度前後なのを考えるとその中間。一見体に良さそうだが余裕で熱中症ゾーン。湿度次第だが眠れぬ夜になるかもしれない。
マイナス30度は論外。凍えるどころか凍傷凍死オープンリーチ。ちなみに液晶が凍るからノートPC使用不能。レポート書こうと思ってた人たち残念でした。

空気が地上の四分の一

気圧を意味するとしたら、だいたい高度で言うと1万メートル。エベレスト山頂で生活するぐらいやばい。酸素濃度4分の1だとしたらもっとやばい。高知トレーニングとかの域を超えてます。頭脳労働するにはいささか酸素不足で眠くなりそうです。気温とのかねあいを考えるともっと楽しくなりそうだが、熱力学大嫌いなので恥かくのをおそれて割愛

重力10倍

単純に考えて900gのレッツノートが9kgになる。まるで米袋。
ボールペンも500mlペットボトルぐらいの重さになる。というかそもそもそういう問題でなく人が10Gの状況下で活動出来るのか疑問。自分の体重が500kgになるわけで、俺なら骨折しそう。
 
確かに時間が進む早さは通常の365倍。こちらの1分が365分=6時間5分(ピッコロさんの計算と一致)と魅力的だが、室内でで休養がとれそうにない(というか死ぬかもしれない)恐怖。
正直、そんなトコに行くぐらいなら一浪でも最履修でも再受験でもしてやる。一生に二年間分しか使えないと言われても使い切る心配がないと思う。

・・・とか、だんだんどっかの空想科学トンデモ本になってきたのでこの辺でやめよう。というか本来ならiptableとかroutedとかアレゲな事書く予定だったのに大幅脱線。ある意味アレゲだがアレゲすぎるのでタイトル変更。
 
結局無駄に時間を費やしてしまったアホらしさ。
時間は有限。増やすことより無駄遣いしないことを考えよう。