読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み比べ -まとめ-

というわけで、今回はいつもより浅めの焙煎で3つの銘柄を試してみた。
それぞれの印象としては
 

キリマンジャロ

酸味がはっきりと現れ、さっぱりとした味わい。苦みはほとんど無し。
普段のむコーヒーとは一風変わった不思議な印象。
 

ブラジル

酸味が抑えられてあっさりとした苦みが感じられる。
いつも飲むコーヒーを軽くした印象。ただそれだけに物足りなさも感じる。
 

マンデリン

青臭さと渋さが顕著に出てしまい、飲むのには適さない。
焙煎に失敗していた可能性もあるが、いずれにせよ深炒りの方がベター。
 
といったところ。
これまでの深炒りで飲み続けた印象と比べるとだいぶ違うイメージが得られた。
各銘柄の特徴もさることながら、豆の個性がぐっと表れる浅煎りのおもしろさがとても印象的だった。
 
明日は今日の残りをブレンドして試してみようかと思う。