読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラヒックを解析して星の成長に反映するソフト

GIGAZINEで見つけた
http://gigazine.net/index.php?/trackback/2341/5Mh2f2CG/

起動してるマシンの通信をみて、利用されてるアプリケーションによって星にいろいろな植物が成長するのだとか。
P2Pアプリなら紫の花、メッセなら青い花、メールなら緑の葉っぱという風。
2,3日おいとくとネットワーク利用状況がわかっておもしろいかもね。

で、何でそんなの突然出すのかといえば、通信をアプリケーションごとに分類するっていうアプローチが俺の卒論と一緒だから。
どういう仕組みなのかとっても興味がわいたわけです。

以下は技術的な話-----といってもたいしたことのってないけど。


http://www.selectparks.net/~julian/pg/pmwiki.php?n=PG.Ports
ここを見た限りではポート番号ベースで分類してるっぽい。
まあとってもレガシーかつポピュラーな方法。
 
pcapライブラリのオンラインモードでパケットをキャプチャしつつ、
ポート番号参照して振り分けている様子。
 
別に新しいことなんにもなくてちょっとがっかり。
でもオープンソースってことはソースコードみられるってことだよね。
 
気が向いたらパケットキャプチャ周りだけ眺めるかも