読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気が出ない。
何をしていいのかわからないという言い方もあるが、わからないのはわかろうとしないからだ。
否定の連続。ないのはないからだ。
で、実際的な問題として取り組む意欲がない。
理由なんてどうでもいい。ただ、今、意欲がない。それが問題。
 
早い時間に帰って春樹を読む。
ダンス・ダンス・ダンス
実は買ったきり読んでいない。
読み始めると久々の春樹酔い。
アーリータイムズを一杯二杯飲み、読みふける。
布団をかぶって横になって読む。
ふと、何か書きたくなってここに来る。
今に至る。

別にレスポンスは求めていない。
役に立つかどうかなんて副次的なもので、ただ、やりたいからやる。
やることが目的。その先に関心はない。
目的がほかにあって、やりたいという利害と一致があるからやる。
そんなのは研究室だけで十分。
ストレスに弱く、先にある問題との距離感がつかめない。
あらゆる問題を深刻に考える小心者。
すべてに深刻に挑むことを美徳とする不徳。
明日が憂鬱。それが憂鬱。
だからどうということはない。
 
窓を見れば誰もが残り励んでいる。
そうやって社会は回り、時間が進む。
こうして寝ころんでいるのがとても不思議に思える。
外れたい。でも抜けられない。
切り離されても、やっぱり同じ渦の中。
レールを走らないのは性に合わない。
良いも悪いも関係ない。
それがルーツで、定まったベクトルなのだから。
  
社会へ復帰する時がきた。