読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPod mini バッテリー交換

さすがに3年も使うとバッテリーがへたってくるのか、充電してもすぐに止まってしまう愛機のiPod mini.
仕方ないのでバッテリーを交換することにしました.
とはいえアップルで交換してもらうと1万以上は平気で必要になるので気が乗らない。
すでに保証期間も過ぎているし、可能な限り安く済ませたいところ。
 
で、いろいろ調べるとサードパーティーが交換用バッテリーを販売していることが判明。
自己責任無保証だけど安いしおもしろそうだったので自力交換を試してみました。
 
以下がその顛末。。。
 
買ってきたのはこれ.
SonnetのiPod mini用交換バッテリー
http://www.sonnettech.com/jp/product/ipod/batteries/index.html
 
純正品よりもちょっとだけ容量が大きくて、交換用の道具もついて4180円。
TwoTopにて購入してきました.
 
これがバッテリー本体

サイズは約4x3 履歴書の写真とほぼ同じぐらい。
交換用の道具としてプラスチックのヘラと精密ドライバーが付属。

プラスチックの奴は先端が薄くなっていて、これでケースをこじ開ける模様

 
まずは上面のプラスチックをはずす。
ドライヤーでしばらく暖めて粘着剤を柔らかくした上でドライバーとヘラでこじ開ける。思いの外堅く、結構強引にやらないと取れない。
 
取れた部品。俺のやり方が悪いのかほかのサイトよりずいぶん汚い

iPod mini本体側の様子

 
同じように下面もはがす。(写真略)
 
下面には金属のストッパーもついているのでこれも除去。
除去したストッパー

除去前の様子

 
こいつは合計4カ所の爪で突っ張っていたが、背面側の2カ所をはずしてやったら取れた。
ちなみに前面側は配線傷つけたりするおそれがあるらしいのでさわらない方が無難かも。

ストッパーの下に隠れていたホイールと基盤をつなぐコネクタを外す。

 
最後に上面のネジを取れば基盤がケースから出せる。

 
出てきた基盤。HDDとバッテリーが見えます

バッテリーを交換


 
交換したら逆の手順でケースに戻す。
が、ここでトラブル発生!
 
 
何故か電源が入ってしまいましたw

 
本体はホールドしていたはずなのですが、どっかの端子を短絡してしまったりしたのでしょうか?
とりあえず怖かったので電源が落ちるまで放置。(ホイールがはずれているので手動で切れない)
電源が落ちたところで気を取り直して復元。
 
無事交換が完了しました。

 
 
ちなみに実際やってみて気づいたこととしては、上面と下面のプラスチック板を外すのがかなり大変でした。しかも結構力入れるので、俺みたく不器用な人間は確実にプラ板やアルミケースに傷を付けます。自分のiPodはすでに傷だらけなのであまり目立ちませんが,自力交換する場合はケースに傷や跡が残ることを覚悟しておくほうがいいかもしれません。
ケースに入れて後生大事に使ってて、一人娘のごとく傷一つつけたくない人は、素直にアップルに頼みましょう。
 
 
さて、外見的にはほとんど変わっていませんが、果たして電源周りの問題は改善されるのでしょうか?