読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

本日公開。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
アイキャッチのテキストは "You are (not) alone"

朝一(8時開始)をねらって7時半頃行ったら人が道路まで並んでて驚愕でした。
結局レイトショーで見てきました。


以下ネタバレ注意

念のための改行ついでにキーワード
エヴァンゲリオン
エヴァ
新世紀エヴァンゲリオン
ヱヴァンゲリヲン



念のための改行




結論から言うと、ストーリーは殆どアニメ版と大差なし。
ただし設定が随所随所変更されており、いくつかの伏線が張られた感がある。
伏線は既にストーリー知ってる人が殆どという前提で張っている感じ。
ダミープラグとかあと○体の使途を倒す必要があるとかいう台詞があったし。
 
セル画は基本全部書き直してるっぽい。
新約ゼータみたいなツギハギは特に見あたらなかった。
ラミエル戦後にレイがほほえむシーンはアニメ版よりこっちの方が秀逸な作画。
メカニックデザイン攻殻級のかっこよさ。
(これはスタッフロールにプロダクションIGが並んでたあたりでやや納得。)
 
今回はアニメと大差ないストーリー展開だったけど、
予告編見た限り次回作(破)から独自の展開が期待される。
 
まぁ詳細が気になる人は自分で見るのがいいと思うよ。
 
とりあえずアニメ版との違いを覚えてるだけ挙げておくので参考までに...
かーなりネタバレ入っているので要注意。







念のため改行






 
液体が原則として紅い。LCLも海も。プールの水だけ青かった。 
サキエルが第4使途。それ以降全部順番1コ繰り下げ。
サキエルがミサイルを手で受け止めない。
ネルフのロゴが違う。ゼーレのロゴも違う。
ミサトさんが本部で迷わない。
EVA初号機が碇シンジ瓦礫から護るシーンはカット。
ゼーレと碇ゲンドウの会話の中に「リリスとの契約」なる言葉が出てくる。
エキストラの声がレギュラーの声優陣じゃない
葛城ミサト宅のエビスビールの中にラガーが混じっていた。
タイアップしてるだけあってUCCコーヒーの缶があちこちに登場。
(ニコニコだったら「UCC自重wwwww」とコメントされそうなレベル)
第参新東京市のビル展開シーンは一見の価値アリ。ここだけ攻殻クオリティ。
その他のメカニックも気合いが入っていた。
使途のデザインに微妙な変更。シャムシェルに肋骨。ラミエルが変形する。
冬月先生の名台詞「税金の無駄遣いだな」を言うのが赤城リツコ。(後ろの席の奴が吹いてた)
シャムシエル戦は何故か碇ゲンドウ冬月コウゾウが不在。
シャムシエル戦の武器がパレットライフルでなくガトリングガン
使途は死ぬと融けてなくなる。シャムシエルのコアも回収されずじまい。
シャムシエル戦後、逃げ出すシンジが相田ケンスケに会わない。
ラミエル戦でのやられ方がアニメ版よりも酷い。(ラミエル性能UP、シンジ涙目)
ヤシマ作戦の展開がアニメ版よりも激しい。
リリス早くも登場。ミサトさんが普通にターミナルドグマをシンジに見せる。
綾波レイがエントリープラグ内にゲンドウの眼鏡を持ち込む。
ロンギヌスの槍が既にリリスに刺さっている。
リリスのカオがサキエル
ラミエルが悲鳴を上げる。
早くもダミープラグという言葉が出てくる。
ゲンドウが使途は残り8体であるかのような台詞を言う。(アニメより明らかに少ない)
アニメ版だとあまり言及されなかった死海文書という単語が何度も出てくる。
最後に渚カヲル登場。何故か舞台は月。
ダブリスの台詞がアニメ版とのパラレルワールドであるかのようなことを示唆。
月にもリリス
 
予告編。仮設(?)伍号機、月より舞い降りるエヴァ6号機というフレーズが出てくる。
あと一瞬新キャラっぽいのが出た。
次第に壊れていく碇シンジの物語。 壊れるのはシンジか物語かw
 
 
ここまで書いて、やっぱ俺アニオタだなと思った。 orz