読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリオ V60ドリッパー

前々から気になっていた円錐型ドリッパー。
ロフトで見つけたので購入。

このV60はコーノと同じ円錐型。俺が好きな形。
でもコーノとはまたひと味違う。何が違う?溝が違う。
中の溝が螺旋状に作ってある。
名付けてスパイラルリブ。
円錐に螺旋、その姿はまるでドリル。男のロマン
でも別に岩盤削る訳じゃないし地底に潜るわけでもない。
第一ドリルと違って溝は内側についている。
何が言いたいのかといえば特に深い意味はない。
 
閑話休題、とりあえず溝である。
いろいろなドリッパーを見比べるとわかるが、ドリッパーにはメーカーにより様々な溝が施してある。形や穴の数もさることながら、この溝の形状がまた多様。
なぜこんなに溝に種類があるのか?
それは"抽出の速度"にある。
理系ならきっと濾過したことがあろう。
文系でもヒトによってはあろう。
無いヒトは想像力でカバーしてくれ。
濾過するとき、濾紙をひだ状に折ると濾過のスピードが気持ち速くなる。(たぶん)
あの違いは濾紙と漏斗の接触面を減らし、間に隙間を作ることに起因する。(タブン)
濾紙と漏斗が密着すると水が通りにくくなるわけだ(多分)
コーヒーも同じ。
ドリッパーとペーパーの接触範囲が重要になってくる(C2H5OP(O)(CN)N(CH3)2
つまり溝がミソ。
 
で、今回のスパイラルリブ。
コーノだと真ん中あたりで止まる溝が一番上までついている。
しかも上層は本数10割増し(つまり二倍)
その分お湯の抜けも早い・・・と。
で、実際に抽出。
直接比較はしていないが注湯の感じからするとお湯の抜けは早い感じ。
そしていつもの粉量でも気持ちすっきり目のコーヒーが入る。
クリアなプラスチックなので横から見るとちょっとおもしろい。
  
そして味とは関係ないけど取っ手がついている分myコーノより使いやすいw
(俺のコーノは取っ手がとれた・・・過去ログ参照)
 
コーノとどちらがいいという結論はまだでないけど、なかなかこれは悪くない。
 
次回はコーノとの厳密な比較で。