読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーヤコーヒー

石垣島のとあるお店にゴーヤコーヒーなるものが置かれていました。
コーヒーにゴーヤの苦みを加えることで生まれたコクとかいうフレーズが気になり、思わず衝動買い。
製法など一切不明。何処にゴーヤがはいっているのかも分かりません。
 
しかしながら、ゴーヤの青臭い苦みとコーヒーの焦げた苦みの生み出すハーモニーに一抹の期待を寄せて淹れてみました。
説明書きには「特殊製法で通常の半分の量でコーヒーが入ります」とのことだったので、今回はそれを信じて普段の半分の量で抽出してみました。
パック詰めされた粉の販売な時点で鮮度には期待していませんでしたが、やはり蒸らしてもふくらまない豆をみるとげんなりします。
 
そしてできあがったゴーヤコーヒー。
気になる味は。。。普通のコーヒーでした。
粉にしてからだいぶ経ち、だいぶ劣化しているだろう豆で淹れたにしては酔い味を出していたあたり、ゴーヤの効果なのかも知れませんが、あまりゴーヤっぽさはみられませんでした。
とはいえ、やはり粉半量ではインパクトが弱いのか、あるいは私が単に味音痴なだけなのか、などいろいろ懸念される材料はありますから、とりあえずあと190gぐらい残っている粉を使ってもう少し探求してみようかと思っています。


写真はそのうち。。。